伊勢湾 ちりめんしらす

 黒ちりめん | 釜揚げしらす | 生しらす 

答志島のしらす漁

しらすは主にカタクチイワシ等の稚魚で、生まれて間もない体長2~3cmほどの小魚のことを言います。

伊勢湾の入り口にある答志島の周辺は、黒潮が流れ込む好漁場。
年に2回、春と秋にシラス漁を行っています。

たくさんの稚魚が群れをなしてやってくるため昔からしらす漁のとても盛んな場所です。

しらす漁は、バッチ網漁という2隻の船で網を引く方法で行われます。
まず稚魚の群を魚群探知機で探し、群が見つかったら
2隻の船で目の細かな網を広げ、群ごと網で捕獲します。

浜与本店のこだわり

黒っぽいから「黒ちりめん」~見た目が悪いのは安全の証~

大阪府知事賞

三重県鳥羽市の離島、答志島で獲れた上質のしらすを、昔ながらの製法で釜揚げし丁寧に天日干しして出来上がった黒ちりめん(しらすちりめん干し)です。

ちりめんの素は、灰色のイワシ類の稚魚です。
私達も以前は見た目を綺麗にみせる為、釜揚げ時に漂白し、
あの白い「しらすちりめん」に仕上げていましが、せっかく天然の海の恵みを頂くのですから、無漂白・無着色で作りたいと考えました。

自然な色の「黒いしらすちりめん」は、これまで消費者の皆様には見た目が悪く好まれませんでしたが、浜与は少しでも健康な食べ物をお届けしたい思いから、答志島に伝わる古式伝承天然色の「黒ちりめん」を製品化しました。

色は少し悪いのですが、小さな海の命が皆様の健康につながる事を願っています。

製造直売~私たちが作ったものを、私たちで販売しています~

  • 鋭いまなざしでチェック!!

専務の浜崎満慶(社長の弟)は、毎日セリの時間に合わせて、
鳥羽港から定期船に乗って答志島漁港に行きます。
漁港につくやいなや、漁協のおっちゃんや仕分け作業をしているおばちゃんに気軽に声をかけます。そこに何漕かの大漁の船が入ってきます。

するとみんな“あうん”の呼吸で船から丈夫な水槽に魚をうつす人、
それを手早く水洗いしながら仕分けする人、そしてたくさんの箱に入った魚が並ぶと何やら長靴に帽子のかぶったおっちゃん達が集まってきます。

「セリ」の始まりです。

専務の眼光が輝き、達人ぶりが見られます。
何やら木札を入れ合い「ヨ」と書かれた札が魚いっぱいの箱に置かれていき、魚が次々とセリ落されます。セリ落とした魚は答志港からチャーター船で浜与伊勢工場に運び、新鮮なうちに丁寧に加工します。

  • 新鮮なうちに工場へ

浜与で使用している選別機は、ちりめんの異物を極限まで除去することができるよう、メーカーと共に研究開発しております。また徹底した衛生管理を行い、皆様に安心して食べていただける商品作りを心がけています。

お子様からお年寄りまで美味しく健康に

美味しく見た目は黒っぽくきれいでありませんが、安全で味に深みのある極上のしらすちりめん干し。
新鮮で上質なシラスを昔ながらの製法で釜揚げし、職人が何十年もの経験を活かし絶妙の割合で塩を加えます。
多くの皆さまに塩加減が良いと、とても良い評価を頂いております。

しらすは魚をまるごと頂きますのでビタミンD、カルシウムがとても豊富。
これらの栄養は、ストレスやイライラを解消し、骨を丈夫にして骨そしょう症を防ぎます。また、魚に含まれる不飽和脂肪酸は、血液中の有害なコレステロールを排除し、動脈硬化を防ぐと言われています。

栄養たっぷりのしらすちりめんを食べて、日々の健康にお役立て下さい。

大阪府知事賞

当社の黒ちりめんは
2006年春、第55回全国水産加工
たべもの展で大阪府知事賞を受賞
しました!!
同時に『かき佃煮』は消費者大賞を受賞
しました!

 黒ちりめん | 釜揚げしらす | 生しらす 

浜与本店のちりめん・しらす商品

↑ PAGE TOP